MENU

ワキガ治療の方法

ワキガ治療,
手術,
クリニック

ワキガの治療に対して効果的な方法とは、どういったものがあるものなのでしょう。
ワキガの治療法にはさまざまな種類があります。

 

手術

最も一般的なワキガの治療法が手術となります。
ワキガの原因であるアポクリン腺を除去する外科手術です。

 

症状や体質に応じてとるべき方法は異なりますが、ワキガに対しては手術による治療が定番になります。

 

薬物療法

薬物療法は、簡単にできるワキガの治療方法です。
制汗剤や、殺菌効果の含まれる薬剤を脇に塗ることで、雑菌の繁殖を抑え臭いを防ぎます。

 

薬を飲んで治療するわけではないので、薬物療法は一時的な効果が期待できますが、治るわけではありません
ワキガの臭いがひどい人は、より根本的な治療をする必要があります。

 

ボトックス注射

ボトックス注射というワキガの治療法もあります。
ボトックスを注入してエクリン腺から出る汗を一時的に止めます。

 

多汗症であり、かつワキガでもあるという人に向いている治療方法です。

 

どの方法がよいか比較する

手術、薬品使用、注射など、ワキガの治療はいくつかあります。
ワキガの程度や体質、通える回数や費用などと合わせていい方法を探すようにしてください。

 

不明点は医師に相談したり、クリニックでカウンセリングを受けてみるといいかもしれません。
いくつかのクリニックでワキガの治療法を聞いて比較してみることも大切ではないでしょうか。


ワキガ治療の手術

ワキガの治療法で最も直接的なものが手術です。
治療法自体は様々ですが、手術は確実性の高い方法だといえます。

 

ワキガ治療の手術にはいろいろな方法があります。

 

切除法

切除法は汗腺や毛根、皮脂腺を切り取り縫い合わせる手術です。
以前はこの方法が最も一般的なワキガ手術でしたが、再発する人もおり、最近では滅多に行われていないといいます。

 

ワキガの原因となる汗腺と皮脂腺を、皮膚の下に差し込んで吸引するという手術方法も使われています。
皮膚を3㎝ほど切開し、ワキガの原因となるアポクリン汗腺を確認しながら取り除く剪除法もあります。

 

ワキガ治療の中でも効果が一番高いといわれています。

 

吸引法手術

吸引法手術は、皮膚を少しだけ切って器具を入れ、汗腺を吸いとるというものです。
超音波法は皮膚に穴を開けて器具を挿入し、超音波で汗腺を砕いて吸引するワキガ治療です。

 

口コミ情報や、体験談のページなどをチェックする

様々な手術方法が、ワキガの手術には存在しているといえます。
どんな治療が自分に合っているかわからないという人は、カウンセリングを受けて症状を判断してもらうようにするのがおすすめです。

 

手術方法を決めかねているという人は、ネットでワキガ手術の口コミ情報や、体験談のページなどをチェックすると、イメージが沸きやすいのではないでしょうか。

 

ワキガ治療の手術に不安がある人も少しは不安が解消されるかもしれません。

ワキガ治療を行うクリニックの選び方

クリニックでワキガの治療を受ける人は大勢いますが、どういう基準でクリニックを選べばいいものかわからないという人もいます。
ワキガ治療のためのクリニックを選ぶ場合にはクリニックについてよく調べておくことが大切です。

 

 

治療実績や評判

まずは、どんな治療の方法がワキガ治療には存在するのかを、確認しておくことが大事です。
そのクリニックが得意とするワキガの治療方法を知っておくことも大事になります。

 

一度治療したワキガが再発するリスクはあるか、クリニックのワキガ治療実績はどの程度で、医師の評判はどういったものかなども、重要な判断材料になります。

 

自分との相性

自分が希望していないワキガ治療をクリニック側が無理に勧めてこないことも大切です。
どんなクリニックが知りたければ、一度実際に行ってみるというのもいい方法です。

 

費用が明確になっているか

明るい雰囲気で親切に対応してくれるところを選びたいものです。
ワキガ治療に必要な金額が明快で、理解しやすいものであることかもとても大事です。

 

ワキガ手術にかかる費用については、保険が使えるかどうかも大事です。
治療法を検討する時には、保険が使えるかも考慮に入れることが大事です。

 

 

ワキガの治療前には、不安に感じることが多いものでしょう。

 

大事なのはクリニックを信頼してワキガ治療を任せられることなので、自分に合ったところが見つかるまで慎重に選びましょう。

ワキガ治療で行われる手術と費用について

ワキガ治療,
手術,
クリニック

ワキガとは、アポクリン汗腺と言う汗腺から出る汗が皮膚上に存在している細菌によって分解されることで発生します。
アポクリン汗腺は遺伝との関係が深く、両親にアポクリン汗腺が無ければ子供にこの汗腺が存在することはありません。

 

したがって、ワキガである人の確率は人口に対し10%程度とされています。
ワキガ治療は症状の度合いによって治療方法も異なります。

 

軽度の場合

汗を抑え、殺菌効果がある塩化アルミニウム液を脇に塗ったり、飲み薬による治療を行います。

 

中度の場合

ボトックス注射を打って汗を抑える治療を行います。

 

重度であれば手術を行います。

手術方法には脇毛が生えている皮膚を取り除く切除法や脇の下を切開して、アポクリン腺をかき出す剪除法があります。

 

その他にも専用機器を使ってアポクリン腺をかき出す皮下組織削除法や脇の下に小さな穴を開けてそこから吸引器を使ってアポクリン腺を吸い出す皮下組織吸引法などがあります。

 

尚、ワキガ治療はいくつか条件はありますが、該当すれば保険診療で治療を受けることができます。
費用を抑えたい方は事前に病院のホームページを確認したり、病院に問い合わせて費用を確認しておきましょう。

[ワキガを完全に治したいなら]関連情報

このページの先頭へ